VinVieについて

VinVie ‐ ヴァンヴィ

"Vin" はフランス語で「ワイン」、

"Vie" はフランス語で「生命」「人生」「生活」「伝記」。

私たちの命を継なぐワイン。

私たちの人生を潤すワイン。

私たちの生活に根付くワイン。

また、ワインはその土地のその年を記録するレコードとも言われます。

この地のその年の美しく厳しく優しいメモリーが一本一本の中に。

そんなワインを畑から作っていきます。

経営理念

  • 南アルプスと中央アルプスに囲まれた南信州という美しい郷土に、豊かな食文化を根付かせていきます。
  • あたたかく、人に優しい気候風土を反映した、普段の生活の中に当たり前のようにあり、 飲む人すべてを幸せにする優しいワイン、シードルをつくります。
  • 標高720 メートルの高台から望む山々の感動する景色を生かし、人々が楽しく集える場所を創り出します。
  • 新しい観光産業、新しい雇用を創出し、地域を元気にしていくことに貢献します。

事業内容

ブドウ栽培・ワイン醸造

シラーやカベルネフラン、ソーヴィニョンブラン、 龍眼など、海外・国産問わず、南信州の土地に合う ブドウ品種を栽培し、良質なワインをつくります。

古い梨棚を利用した棚栽培など、柔軟な発想でブドウづくり、ワインづくりを行います。

リンゴ栽培・シードル醸造

バージニアクラブ、コックスオレンジピピンなど、 海外品種や日本古来の品種を問わず、シードルに適したリンゴを栽培し、より味わい深いシードルをつくります。

大学や国の機関との連携も視野に入れ、シードル専用品種の栽培技術確立を図ります。

地域の観光拠点・ファンづくり

農業・宿泊・飲食・食品加工など、様々な産業分野との連携を密にし、相互協力することで、地域観光の基点・拠点となることを目指します。

都市部でのイベントや、バーベキュー、収穫・苗植体験などを通じて、コアなファンづくりをしていきます。

代表からのご挨拶

竹村 暢子 Nobuko Takemura

南アルプスと中央アルプスに挟まれた伊那谷。南信州松川町は、100年の歴史を持つ美味しい果物の産地。

りんご農家に嫁いで24年。りんごのお酒『シードル』を知り、その魅力に取り憑かれ、いつしか自分の手でシードルやワインを作りたい!と願うように。

ついに野望は現実となり、2018年4月4日 株式会社VinVieが誕生しました。

りんご農家・ぶどう農家・醸造所。最強の仲間と共に、2020年醸造所開設を目指します。

自社畑で取れたりんご・ぶどうを使い、シードル(cider)・ワイン(wine)を生産します。目指すのは普段の生活の中にあるワイン・シードル。そしてその生活が当たり前にある文化の創造です。

果物の里シードルの町松川町から始まる物語を皆さんと共に作り上げます。応援よろしくお願いします(^^)。